読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポンコツWebエンジニアのかっこ悪く生きる日記

頭の中にあるうちは何だって傑作

2017年3月26日 ポートフォリオを作ってみた

3行まとめ

github.com

  • 個人で運営しているスポーツサークルのホームページをRails環境で動かしてみた。

github.com

  • Apple Developer 登録ステータスが pending のままだった(´・ω・`) 明日まで待とう。

よさ

Yahoo!ロッジに置いてあったイームズの椅子が腰に良かったので家用に買ってみた。

vanilla-kagu.com

2017年3月25日 App store に申請するぞ

3行まとめ

  • プライベートで使っているPCで起こるSSH接続周りで起きていた問題をようやく解決した。
  • Github.comのPrivate Repositoyを使い始めた。
    • 今はpublicだけでなくprivateでも草が生えるのだなぁ。これからはgithub.comの方にメモをまとめていこう。
  • アプリを始めて作って形にできた。
    • 正確には新卒の頃Facebook認証周りでxcodeを一度触ったが形にはできなかったので..
    • Apple Developer に登録したぞ!

やっていき

明日は今日作ったアプリをApp storeにリリースしてRails Tutorialを進めるぞ! Rubyが忘れ気味なので復習せねばだ。

2017年3月22日 Rails Tutorial 再開

3行まとめ

  • 最近1日1冊本を読了できている。これは継続していこう〜。
  • 先週末は幼馴染と自己分析・他己分析をした。
  • 今日からRails Tutorialを先輩とやっていくことになり有機的成長を軸とした目標を立てた。以下の2点をあと3ヶ月で絶対にクリアするぞ。
    • Rails Tutorialを全章理解する。
    • チュートリアルで習得した技術を用いて自ら企画・設計したアプリケーション(イベント管理アプリケーション)の作成を行う。

やっていき

我慢できなくなってSIXPADを購入してみた。

www.mtgec.jp

開発合宿を通して学んだモノづくりの楽しさと成長

弊社で年に一度やっている開発合宿「お産合宿」に参加しました。

お産合宿とは?

「お産合宿」はデザイナーやエンジニアなどの「クリエイター」という枠にとらわれず、普段は別々の仕事をしているさまざまな職種のスタッフが、所属する部署や職種を飛び越えてチームを作り、自分たちが「もっとおもしろくできる」と思うものを存分に作る、そんな合宿です。

「インターネットで可能性をつなげる、広げる」をミッションとしているわたしたちだからこそ、スタッフ自らが自分たちひとりひとりの持っている可能性を広げながら、新しいものを産み出していきたい。 そんな気持ちを込めて、このイベントは単なる「開発合宿」ではない、「お産合宿」と名付けられました。

osan.pepabo.com

【第1話】始まりは突然に

ある日、会社の先輩 (@kurotaky )から「ブログ見たよ!一緒にお産合宿に出よう!IoTしよう!CTOやろう!」と誘われました。

f:id:yutokyokutyo:20170314004219p:plain

※ ブログとはこの記事のことでした。

yutokyokutyo.hatenablog.com

しかし誘っていただいたことは嬉しかったものの、最初は乗り気ではなかったためYesとは言えませんでした。

Maker Faire Tokyo 2016 に参加してあれだけノリノリになっていたのにも関わらず、自分の業務がうまくいかないことですっかり自信を無くし、どんなことにもネガティブになり、このまま技術者として上手くやっていけるのだろうか、最悪ジョブチェンジした方が良いのでは … と将来に不安を感じていたのです。

楽しいかもしれないけど業務とは関係のないとされるIoT系の技術の習得よりも、まずは目の前の業務をこなせるようになるために日々の勉強が大事だと思ってました。 周りからは色んなことに目を向けすぎるから絞った方が良いと言われてました。

【第2話】楽しいことが成長の原動力

先輩に「今年は業務に集中するのでお産合宿には出るのはやめようと思ってます」と悩みを伝えたところ「楽しいことが成長の原動力になるからやった方がいいよ!」と僕の悩みを一発で吹き飛ばす強い言葉で一蹴してくれました。もしかしたら背中を押してもらいたかったのかもしれません。 (もちろんそれだけで悩みが吹き飛んだ訳ではありませんが、今でも力強く脳裏に焼き付いている言葉です。)

【第3話】黒瀧電気結成!

こうして僕は先輩のチームの一員になりました。 メンバー構成は以下のとおりです。 職種がディレクター、営業、デザイナー、エンジニアと多職種な構成となったのでなんでもできる感がありました。頼もしすぎる仲間たちとMakeするぞ!

osan.pepabo.com

【第4話】作戦☆会議

何を作るかを決める会議をしました。 先輩が東工大のデザイン思考の授業に参加されていたので、そこで吸収して得た知見を元にみんなでアイデア出しを行ったりしました。

kurotaky.hatenablog.com

medium.com

f:id:yutokyokutyo:20170314005524j:plain f:id:yutokyokutyo:20170314005517j:plain f:id:yutokyokutyo:20170314005520j:plain f:id:yutokyokutyo:20170314005945j:plain f:id:yutokyokutyo:20170314005839j:plain

【第5話】歯ブラシスタンド migaco 爆誕!!!

会議で出た中で実現可能かつ日々の問題解決をしてくれるであろう歯磨きに目をつけたIoTガジェットを作ることになりました。その名は migaco !!

migaco.info

【第6話】楽しい幸せな開発時間 … 。日々は流れていく … 。

f:id:yutokyokutyo:20170314012405j:plain

f:id:yutokyokutyo:20170314012425j:plain

f:id:yutokyokutyo:20170314012419j:plain

f:id:yutokyokutyo:20170314015544j:plain

【第7話】お産合宿開始!

お産合宿がついに始まりました!

osan.pepabo.com

f:id:yutokyokutyo:20170314012517j:plainf:id:yutokyokutyo:20170314012453j:plainf:id:yutokyokutyo:20170314012510j:plainf:id:yutokyokutyo:20170314012520j:plain f:id:yutokyokutyo:20170314015253p:plainf:id:yutokyokutyo:20170314015257j:plain f:id:yutokyokutyo:20170314015731p:plainf:id:yutokyokutyo:20170314015736p:plain

お産合宿ではゴールに掲げていた Cloud Funding へのアクセプトを達成しました!

camp-fire.jp

実装内容はこちら!

kurotaky.hatenablog.com

【第8話】大円団

  • お産合宿を通じて、一つのプロダクトを仲間達で作る楽しさを味わうことができました。
  • 最初は雑でも良いからまずは形にすることが大事です。形さえできてしまえばフィードバックももらえるし次のアクションが決めやすくなります。形さえできていればうまいこと回っていくものです。
  • 楽しい という力の強さを知ることができました。開発を通してこんなに楽しく幸せな時間を過ごせたのは初めてだったかもしれません。というよりは日々の業務とはまた違うモノづくりの楽しさを改めて感じることができました。
  • 悪戦苦闘はしたものの新たな技術にチャレンジして何かを成し遂げるという体験ができて少しだけ自信をつけることができました。
  • 「もっとできたよなぁ」という自分の力不足な点を後悔するとともに「次こそはもっとバリュー出していくぞ」と思ったのを覚えてます。絶対に忘れない!
  • これからも継続して 楽しい を念頭に開発を行って自分の成長に繋げていこうと思いました。成長の一番の原動力が やらなければいけないからやる から 楽しい に切り替わったこの合宿のことを僕は一生忘れないと思います。強い言葉だけど本当にそう思います。
  • 誘っていただいた先輩や手厚いサポートをしていただいたチームメンバーに感謝です!黒瀧電気大好き!
  • そして楽しかったで終わりではありません。商品化することをCloud Fundingで明言しているので絶対に商品化させます。その気持ちは今も変わらない!

f:id:yutokyokutyo:20170314005214j:plain

黒瀧電気社歌

soundcloud.com

soundcloud.com

グッズ

suzuri.jp

Maker Faire Tokyo に初めて参加してきました

Maker Faire というお祭りに初めて参加しました。

Maker Faire って?

Maker Faire Tokyoにはエレクトロニクス(電子工作)、ロボット、クラフト、ペーパークラフト、電子楽器、サイエンス工作、リサイクル/アップサイクルなど、あらゆるジャンルの自作のものが展示されています。個人、コミュニティやグループ、学校、企業のMakerが集まり、作ったものを見せて、動かして、見に来た人を楽しませます。

makezine.jp

弊社もハンドメイド事業をやっているので参入チャンスな気がする。

makezine.jp

f:id:yutokyokutyo:20170313233323j:plainf:id:yutokyokutyo:20170313233320j:plainf:id:yutokyokutyo:20170313233322j:plainf:id:yutokyokutyo:20170313233327j:plainf:id:yutokyokutyo:20170313233325j:plainf:id:yutokyokutyo:20170313233344j:plainf:id:yutokyokutyo:20170313233346j:plainf:id:yutokyokutyo:20170313233354j:plainf:id:yutokyokutyo:20170313233355j:plainf:id:yutokyokutyo:20170313233414j:plainf:id:yutokyokutyo:20170313233416j:plainf:id:yutokyokutyo:20170313233422j:plainf:id:yutokyokutyo:20170313233426j:plainf:id:yutokyokutyo:20170313233431j:plainf:id:yutokyokutyo:20170313233440j:plainf:id:yutokyokutyo:20170313233441j:plainf:id:yutokyokutyo:20170313233449j:plainf:id:yutokyokutyo:20170313233455j:plainf:id:yutokyokutyo:20170313233500j:plainf:id:yutokyokutyo:20170313233456j:plainf:id:yutokyokutyo:20170313233503j:plainf:id:yutokyokutyo:20170313233510j:plainf:id:yutokyokutyo:20170313233521j:plainf:id:yutokyokutyo:20170313233531j:plain

感想

  • 正直「感動した」の一言に尽きました。最高に楽しかったです!参加中はずっとワクワクした気持ちでした。
  • Maker Faire はモノを作ることが楽しいと思っている人や新しいものに興味がある人たちの集まりなので、参加するだけでたくさん刺激をもらうことができます。
  • そして作っている人と直接コミュニケーションすることができるのが最高だと思います。「実は内部にこんな仕掛けがあってね!☺」「困難はあったけど仲が良いメンバーで助け合って作りました」「このプロダクトでたくさんの人たちの喜びを作ってゆくゆくは企業したいです!」「子どもたちの教育に役立てればいいかなと思って」「よくわかんなけどできちゃいましたw」「これ主人と作ったんです。去年は賞を受賞したりして」などなどなどなど。多種多様な Makers がいらっしゃって大変感化されました。
  • 僕も何か作りたい! と強く思いました。そしてこの気持は大切にしようと思いました。なぜなら、そもそも僕が技術職を仕事とした理由となる原点だったことに気づいたからです。
  • そして2017年は出展者の立場で出てみたいと思ったのを覚えてます。

makezine.jp

2016年7月2日 YAPC::Asia Hachioji 2016 mid in Shinagawa

  • 先輩方がたくさん登壇されることになったのと内容に興味がありまくりだったので参加してきました。
  • ちょうどその頃主催することになっていた PHP BLT #5 の宣伝もしてくださって感謝 ☺

f:id:yutokyokutyo:20170313231749j:plainf:id:yutokyokutyo:20170313231809j:plainf:id:yutokyokutyo:20170313231820j:plainf:id:yutokyokutyo:20170313231831j:plainf:id:yutokyokutyo:20170313231841j:plainf:id:yutokyokutyo:20170313231851j:plainf:id:yutokyokutyo:20170313231857j:plainf:id:yutokyokutyo:20170313231907j:plainf:id:yutokyokutyo:20170313231916j:plainf:id:yutokyokutyo:20170313231915j:plainf:id:yutokyokutyo:20170313231918j:plainf:id:yutokyokutyo:20170313231943j:plainf:id:yutokyokutyo:20170313232019j:plain

  • HADOさんが出展していたARアトラクションの REAL MONSTER BATTLE は面白かったなぁ。こういう技術が知らず知らずのうちにどんどん普及していって当たり前になっていくのかなぁと未来を考えさせる体験でした。

meleap.com

2016年6月19日 おうちハック勉強会に参加して視野が広がった

  • 内容はシャープの中の人の「ココロボ」の開発経緯や、今でこそ有名な体内アルコールチェッカー「TISPY」、teamLAB の高須さん、おうちハック勉強会の主催者さんのお話などなど。
  • おうちハック勉強会はラフに参加できるのにも関わらず、IoT界隈の著名な方々に直接お話できるので超おすすめです。最初はみんな視野がグルーバルすぎてついていけなかったのを覚えています。でも確実に視野が広まりました。
  • のちのちこれきっかけでおうちハック勉強会が出している「Raspberry Piではじめるおうちハック 」を購入しました。分かりやすいので初心者におすすめです。
  • 懇親会は自分たちで作ったものを見せ合ったりしてました。この頃僕は何も作ったものがなかったのでただ聞いているだけになっている自分がすごく嫌だったのを覚えています。この輪に入って楽しくなりたいと思いました。

http://booklog.jp/item/10/raspberry-pi-ouchi-hack

f:id:yutokyokutyo:20170313225710j:plain f:id:yutokyokutyo:20170313225736j:plainf:id:yutokyokutyo:20170313225753j:plain f:id:yutokyokutyo:20170313225743j:plainf:id:yutokyokutyo:20170313225746j:plain

ロボット家電COCOROBO:シャープ

www.team-lab.com

www.makuake.com